斧節

混ぜるな危険

姿勢(=礼法)に関する覚え書き

坐法に関する覚え書き
マントラに関する覚え書き
アイ・アム(I Am)に関する覚え書き

 ・姿勢(=礼法)に関する覚え書き

 実際に体験すると分かりますが、たった5秒の礼法をするだけで「見えない力=調和する力」が覚醒し、立ち腕相撲で楽々勝つことができます。あまりにも手応えがなく勝ててしまうので、あっけにとられるでしょう。


【『お辞儀のチカラ 礼と志の「武学」 あなたが変わる、人生が変わる、世界が変わる』レノンリー(みらいパブリッシング、2020年)】

 実は本書に書かれている内容を私は既に知っていた。イス軸法の西山創〈にしやま・はじめ〉へのリプライで「礼をしただけでハーフコートシュートを決めるまこっちゃんという人物」が紹介されていた。多分、レノンリーの弟子筋に当たる人ではないかと思う。彼のメールマガジンで概要はつかんでいた。

 簡単に言えば、上半身を真っ直ぐにしたまま、少しお尻を引く感じで倒す。それだけである。空手家の中達也〈なか・たつや〉がほぼ同じことを指導している。

 次に紹介するのは大東流合気柔術光道(ひかりどう)の正坐と立ち方である。

 体幹の力で相手を軽々と飛ばすことができる。

 太極拳のゆったりとした動きは姿勢の力で相手を制圧するものだ。体の重さそのものが力となる。

 姿勢(=礼法)とは骨を揃えることなのだろう。人体の骨の数は206個もある(骨格の解剖について知る | 骨格の概説)。硬い骨は関節や靭帯でつながっている。二足歩行とは、わずか25cm前後の支持点で立てることを意味する。最も重い頭部が最上部にあることもあって、無理なバランスを保つと腰や膝を痛める。あるは首や背中が曲がる。

 赤ん坊が初めて立った時のように、上半身を前倒しにし、背骨を骨盤側から一つひとつ積み重ねる意識で立つと構成が強靭になる。立つこと、坐ること、歩くことは誰にでもできる。しかし簡単なことが実は一番難しいのだ。

 私は歩法についてかなり研究しているのだが、ある歩法をマスターするのに1年を要した。幼い頃から運動神経がよいこともあって完全に過信していた。そして最近、独創的な歩法を編み出したのだが、ここに至るまで3年が経過している。

 姿勢を正すことは想像以上に難しい。生きる姿勢を正すのはもっと難しいことだろう。

アイ・アム(I Am)に関する覚え書き

坐法に関する覚え書き
マントラに関する覚え書き

 ・アイ・アム(I Am)に関する覚え書き

姿勢(=礼法)に関する覚え書き

「『私は在る』が私である」   出エジプト記3:14


【『未来を改造する【ザ・パワー】のしくみ 想定の『超』法則』ネヴィル・ゴダード:林陽〈はやし・よう〉訳(ヒカルランド、2011年)】

 英語だと「I Am that I Am」、または「I am who I am」か。神がモーゼに告げた科白(せりふ)である。「諸法非我」でも触れた通り、非二元(アドヴァイタ)の「アイ・アム」と諸法無我の懸隔をどう受け止めるべきか思いあぐねていた。本書でやっと出典が判明した。

 私の名前はI Am(私は在る)です。おそらくあなたは、“神”という呼び名をずっと使っていたかもしれません。しかし、私の名前が何であるかは、重要ではありません。大切なのは、私が誰であり、あなたが誰であるかということです。
 私はすべてです。私は存在するありとあらゆるものです。
 非物質世界とは、思考が集積したところです。あなたが生きている物質世界は、単に、それらの思考の一つひとつが投影されたものです。あなたが五感を通して感じている物質世界のものすべては、私の思考によって創造されました。
 あなたは無限に近い思考の一つの投影です。あなたが新しい思考を巡らすたびに、それは非物質世界で始まり、物質世界へと投影されます。あなたが自らの意識と呼ぶものは、非物質世界に存在し、あなたにとって本物のように思える物質世界へと投影されています。私はいつも、何十億という人たちの思考をすべて物質世界へと投影しています。私は、あなた方一人ひとりです。あなたの思考は私の思考です。そこに区別はありません。ですから、あなたは神なのです。


【『ただ一つの真実、ただ一つの法則:私は在る、私は創造する』エリン・ウェアリー:奥野節子〈おくの・せつこ〉訳(ナチュラルスピリット、2022年)】

 イタコ系悟り本は苦手なのだが参考書としては役に立つ。「あなたは無限に近い思考の一つの投影です」の一言には価千金の値打ちがある。思考は意思から生まれると考えている人が多いが実は違う。単なる脳の反応なのだ。それゆえ思考は自分でコントロールすることができない。波のように勝手に寄せては返すのである。そして考えるのは往々にして不幸な時である。楽しい時は何も考えていない。遊園地やディズニーランドで思索する人はいない。

 よくよく振り返ってみよう。思考は妄想である。思考は今という現実から離れて、過ぎ去った過去にしがみつき、いまだ来ない未来を予想する行為だ。心に深い傷を負うと、そのことから離れることができなくなる。繰り返し思い出すことで意業が強化される。

 ところが、「あなたの思考は私の思考です」と来て、ここでいう思考が意識を指していることがわかる。思考に気づいているのが意識であり、気づいていることに気づくのが悟りである。メタ気づき。

私は在る I Am
「私は在る=I Am」という気づきにおいて、非個人的意識が最初に現象化すること。これ以外には何ごとも存在せず、唯一の真実である。なぜなら、それは異論を唱えられないものだからである。それゆえ、個人的アイデンティティという感情にもとづいて、それに引き続き起こる思考によって考えられないかぎり、それは観念ではない。2つの思考や2つの予想の合間。「意識」「私-私」を参照のこと。


【『誰がかまうもんか?! ラメッシ・バルセカールのユニークな教え』ブレイン・バルドー編:高木悠鼓〈たかき・ゆうこ〉訳(ナチュラルスピリット、2010年/原書、1999年)】

 すなわち、「私は在る」とは「私は気づいている」と解釈して宜しい。断言してしまうぞ(笑)。「気づいている存在が在る」という意味だ。

 そして牽強付会を恐れず申し上げれば、「I Am」もまたOMを示唆している。I'mと発音してみれば直ぐ気づくことだ。

 科学的な根拠については後日記す。

東京都のプロジェクションマッピングは電通利権

マントラに関する覚え書き

・『漢字 生い立ちとその背景白川静
・『ことばが劈(ひら)かれるとき』竹内敏晴
・『大野一雄 稽古の言葉大野一雄著、大野一雄舞踏研究所編
・『子どものからだは蝕まれている。』正木健雄、野口三千三
・『フェルデンクライス身体訓練法 からだからこころをひらく』モーシェ・フェルデンクライス
・『心をひらく体のレッスン フェルデンクライスの自己開発法』モーシェ・フェルデンクライス
・『身体感覚を取り戻す 腰・ハラ文化の再生齋藤孝
・『野口体操・からだに貞(き)く野口三千三

 ・マントラに関する覚え書き

・『野口体操・ことばに貞(き)く 野口三千三語録』羽鳥操
・『原初生命体としての人間 野口体操の理論野口三千三

坐法に関する覚え書き」に関連して。

 マントラの基本は「OM」(AUM)である。そう、オウム真理教のオウムである。ただし実際の発音は「ム」ではない。低音で「オー」と伸ばしながら胸を震わせ、M音は口を閉じたまま鼻腔を震動させる。

 OMは西に伝わり「アーメン」となり、東に伝わると「阿吽」(あうん)、「南無」(※ナモの音写)に変わったとする俗説がある。M音は人類にとって基本的な音で、赤ん坊が「マンマ」(あるいはママ)と話し始めることからも理解できよう。

 日蓮系の場合、引き題目の「ナーーーーームーーーーー」がOMを示唆している。

 スティーヴン・ミズンが「Hmmmmm」説なるものを唱えている。言語発生の初期段階のコミュニケーションが、Holistic=全体的で、multi-modal=多様式的で、manipulative=操作的で、musical=音楽的で、mimestic=ミメシス的だったと考察する(『歌うネアンデルタール 音楽と言語から見るヒトの進化』)。最初に読んだ時、私はこれをハミング音と勘違いした。先月再読して自分の間違いを確かめた。しかしだな、「言葉が歌から始まった」と想像するミズンや岡ノ谷一夫〈おかのや・かずお〉の学説を思えば、ハミングから言葉が生まれたと考えることも、それほど見当違いではあるまい。

 そしてハミング(鼻歌)には驚くべき効果がある。

 スウェーデンの首都ストックホルムにあるカロリンスカ研究所(カロリンスカ医科大学病院)の麻酔集中治療部門、Eddie Weitzberg氏らによって米国胸部学会(ATS)の学術誌American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine(AJRCCM)誌7月15日号に掲載された研究論文によると、健常人10人を対象とした実験で、ハミング下では通常の鼻呼吸下と比べ、鼻腔内の一酸化窒素濃度が15倍に上昇したという。(口呼吸では一酸化窒素は産生も遊離もされない)。


鼻歌 - Wikipedia

 一酸化窒素(NO)には血圧をコントロールし、血流を調整し、血管内の傷を修復し弾力性を保つ働きがある(『「血管を鍛える」と超健康になる! 血液の流れがよくなり細胞まで元気』池谷敏郎、『免疫力を上げ自律神経を整える 舌(べろ)トレ今井一彰)。

 そもそも、「humming」(ハミング)に「OM」音が垣間見える。そして会話のアクセントとなる日本語の相槌「フム」「ウム」にもまた「OM」音が覗(のぞ)いている。

「お(御)」という接頭語は、尊敬・丁寧・謙譲・親愛の意を表わす語として極めて広く用いられ、今や、「お絵かき、おパン」などの用法さえ現われてきた。「本当」が表情音のホントになってしまったのと似ている。
 和語の「お(御)」は、「おん(御)」の約である。もとをたどれば、最初の形は「おほみ(大御〈おほみ〉)」で、それが「おほむ・おほん」となり、「おむ・おん」となり、「お」となったもの。したがって、漢字を当てれば「大(おほ)」とすべきコトバである。「み(御)」は「霊」(み)や「身」(み)に通ずるコトバであることは別の所で書いた。それでは、「大」に替わって「お」に当てられた「御」とはどんな文字なのであろうか。(中略)
「御」は、神を拝跪して奉仕する意から、高貴の人のそばに仕える意となり、神や高貴の人を守ることから禦(ギョ)の意となり、高貴の人の身のまわりの世話をすることから馬を馭(ギョ)する意も派生し、神や高貴の人に使えることから尊敬の意の接頭語となり、その用法が日本に入って「お・おん・み」に当てられたのである。


【『野口体操・おもさに貞(き)く』野口三千三〈のぐち・みちぞう〉(柏樹社、1979年/春秋社、2002年)】

 天皇陛下が民を思う心を「大御心」(おおみこころ)という。このテキストにもはっきりと「おむ」と出てきて、私は腰を抜かしそうになった。

 日本語で感嘆した時に出てくる音は「おお」、「ああ」(嗚呼)である。OMをhmmmmmmと唱えると、「おお」「ああ」が身から抜け出てゆくのに対して、M音が我が身で受け止める感覚がつかめる。

 成瀬雅春の「倍音声明」も参考になる(『心身を浄化する瞑想「倍音声明」CDブック 声を出すと深い瞑想が簡単にできる』)。「ウー」→「オー」→「アー」→「エー」→「イー」→「ムー」(低音のハミング)を繰り返す。「ムー」は先ほど書いた通り、口を開けない方がよい。

アイ・アム(I Am)に関する覚え書き」に続く。

幸せな家族

 人相がいい。そして、撮影された写真だけではなく、3人の距離感に幸せが滲み出ている。耳や口が不自由でも明るく生きていくことができるのだ。メニュー画像の料金が円表示になっているので日本人向けの場所なのかもしれない。幸せな表情には「思わず撮りたくなる」何かがあるのだろう。