斧節

混ぜるな危険

日蓮正宗

日蓮本仏論と板曼荼羅偽作

各山本末の発展に比して、大石寺は日道以降衰退の一途をたどった。 こうした暗黒時代にあって、大石寺9世日有は、自山顕彰の為に、板本尊を偽作するに及び、種脱勝劣の立場から日蓮本佛論を創唱するに至るのである。(中略) しかし、日有の日蓮本佛論は教学…